×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ATマーク
「装甲騎兵ボトムズ」が好きっ!
っていうかフィアナ及び郷田ほづみさんのファンな私の
独断と偏見に満ちたお話

〜オリジナルビデオ「ザ・ラスト・レッドショルダー」〜
 
はじめに


これはウド編からクメン編への間の3ヶ月間の出来事の一部を描いた作品です。
ウドでフィアナを追い求めて拒絶され、再び一人になったキリコが
なぜ「すべてを忘れる為に」と言う事になったのか、がテーマ。
はじめてビデオを見た時のドキドキは今でも忘れられません。
その感情は何度も見返した現在も変わらず私に襲い掛かります。
なぜ?キリコに何が起こったのか?
さて、ここでは完全に本筋とは関係無い角度からこの作品を眺めている
わたしの感想を・・。
単なる感想で順を追っている訳ではないので、ビデオを見ないでも思い出せる、
という方にお奨めです(笑)

 
可愛い〜っ


まず登場するのはレッドショルダー時代のキリコ。
ううぅ〜ん、赤いベレー帽が可愛いっ!(*^_^*)
似合いますねぇ。
ちょこっと美少年兵テイスト(笑)。セピア調(っつーのかな?)の色彩もまた、殺伐とした雰囲気に合うし、その中の赤い色。効いてます。
期待、大!

 
メロウだ・・・!


↑(っつっても、あのアニメではありません(笑))
OPが終わってむさい男3人登場。
「ああ、さっきのキリコの仲間だー。」
と思っていたら主役登場。
そして仲間にも愛想がないのが発覚(笑)。

キリコは彼らと行動を共にすることになりますが、目的は・・・フィアナ!
このシーン素敵です。
荒涼とした荒地を走るトラック。流れるピアノ。
そして思いつめたキリコの顔にかぶさる、彼の名を呼ぶフィアナ。
ぞくっとしますね。
胸キュンっす(笑)。

ただ彼女に会う為だけに危険を省みずに進んで行く。
会って言葉を交わす為、彼女に触れる為(ってせいぜい手だけだけどね)。
一度は迎えに行ったのに断られた彼は、それでも彼女を諦められないのです。
何故?傍にいたいから?
それは今の彼には分からないでしょうけど。

キリコ、意外としつこいということが判明(笑)
それも引き離される時のフィアナを回想しているなんて酔いすぎ(^_^;)
もう
「あいつは俺にぞっこんだぜー。」
という自信でしょうか?(笑)

 
しかしここで疑問


で、キリコはもうフィアナに惚れてるんですよね。

はじめはジジリウム保管庫、治安警察で2回目。
治安警察で会った時にはあーんなにそっけない態度を取っといて、実は自分もぞっこん。
あらま〜(笑)
女にあんなことを言われてですよー。
「ずっと見ていました」
「貴方が初めて見た光」
これにロクに返事もしないでほとんど無視しといてじらし、名前をつけてさらに気を引くという作戦ですね。
実はかなり女殺し?

連れてゆかれる時の「キリコ!」という彼女の声は確実に恋の色に染められていましたね。
でもまあ、キリコも気がついたら彼女のことで頭がいっぱいになってるってことは、ミイラ取りがミイラになったということか(いや、ワイズマンの操作か?分からんけど)。

 
ああ、麗しの・・・!


で、ここで場面が変わる!花・花・花!
やっと登場フィアナさ〜ん!
やっほー!!と喜ぶのもつかの間、横には何故か男の影。
しかも全裸(笑)
いやー、フィアナ、結構神経太いかも(嬉しいけど)。
それとも裸というものに対する抵抗がないのか?と思わせる問題シーンですな。
普通目線に困るでしょう(^_^;)

イプは可愛さ全開。
喋らないイプは結構可愛いっす。
願わくば、もう少しフィアナに甘えてもらうと女性ファンが増えたことは間違いないでしょうね(膝枕では足りませんっ(笑))。

注目はフィアナのオネエ様ぶり。
「何でも教えてあ・げ・る。」
ですぞー!(言ってないけど)。
キリコにもこーんなにしてちょ!と言うのが本音ですが(どーしてもエロ根性が)、いいですなぁ〜、フィアナ。

さらに、ここでの二人を見張るエロ集団・・・いえ、いつものメンバー。
特にイプが虫を殺した時のボローの顔はすげーですなぁ(^_^;)
「おおっ!」って、あーやってフィアナの裸を覗いていたのかと勘ぐってしまうような(小説版ではね)顔してます(笑)。

 
遭遇!


そしてついにイプの操縦するATと遭遇するキリコ達。
次々と倒される味方の機体を見つめながら、キリコは叫びます。
「フィアナ」と。
でも聞き入れないAT。
そのまま追い詰められるキリコ。

辛いでしょうなぁ・・・。
ウドでフラれた上に追いかけてみたらコテンパに打ちのめされるなんて、苛められる男、キリコの醍醐味発揮です(笑)。
しかもずーっと「フィアナ!」と叫びっぱなしなのに。

分からないっちゅーの、と言ってはこの作品を見る価値無しなんですけど、言いたくなる。
イプも違うって言ってやれよー、と画面の前でツッコミ入ります。

さて、いよいよペールゼン閣下登場(大塚さん素敵〜(*^_^*))。
「殺せ!イプシロン!」
と命令する彼にイプは命令を実行しようとします。
ATから降り立つイプ。
ここにフィアナが駆け付ける。
ペールゼンに命令を中止するように懇願するフィアナにペールゼンは言い放つ。
「自分は間違っていた。キリコを殺せ。」と。
キリコに歩み寄るイプ。
そこで・・・。

「ザ・ラストレッドショルダー解説2」へ
←NEXT「ザ・ラストレッドショルダー」作品解説パート2へ
マニアック+コンプレックス〜ボトムズワンダーランド〜
GO TOP!